MAZDA マツダが17年営業利益44%減3月期 SUV拡充で巻き返しへ 廣砂

MAZDA マツダが17年営業利益44%減3月期 SUV拡充で巻き返しへ
 
マツダが4月28日発表した2017年3月期の連結営業利益は、前期比44.6%減の1256億円だった。中国で販売が伸び、世界販売台数は過去最高となったものの、日本と北米の販売が伸び悩んだ。円高だったことも響いた。今期は新型スポーツタイプ多目的車(SUV)「CX-8」の投入などにより、増収増益を目指す。
 
マツダの小飼雅道社長】
 
●日本と米国で苦戦
 
 売上高は5.6%減の3兆2143億円、純利益は30.2%減の937億円だった。世界販売台数は1.6%増の155万9000台と過去最高を更新したが、日本と米国の販売台数減少や、為替が円高だった影響により、減収減益だった。
 
 北米の販売台数は2.1%減。新型「CX-9」などのクロスオーバー系車種は好調だったが、乗用車セグメントでは需要縮小と競合激化で苦戦した。好調なCX-9も、ハイグレードモデルは好調だが、エントリーグレードモデルの販売には課題が残った。
 
 日本市場の販売は12.8%減と大きく落ち込んだ。前半は新商品投入が少なく、商品改良モデルも不発だった。しかし、16年12月に新型「ロードスターRF」、17年2月に新型「CX-5」を投入し、販売は順調。回復基調にある。
 
 一方、中国は24.1%増と大幅に台数を伸ばし、過去最高の29万2000台となった。小型車減税政策の効果で「Mazda3」がけん引。新型「CX-4」も計画を上回るペースで売れている。
 
 
日本国内では別にSUVに3列シートを望んでるわけではない。
なぜなら駐車場サイズが圧倒的に小さいからだ。
自分の他にもこう思ってる人多いと思うのだがいかがだろうか。。
廣砂健二