Airbnb エアビー 日本で9200億円の経済効果があるが 懸念も

エアビー Airbnb 日本で9200億円の経済効果があるが 懸念も
 
宿泊施設仲介サイトの(エアビーアンドビー)Airbnb は4月24日、「日本における短期賃貸に関する活動レポート」を発表した。2016年、Airbnbを利用して訪れた旅行者から、自宅を貸し出したホストや、近隣の商店街・飲食店などが得た金額は、総計で4061億円に上るという。
 
 
 利用者数も年々増加しており、16年は、アジアを中心として370万人のインバウンドゲストが利用。15年の137万人と比べるとゲスト数は2.7倍となっている。人気が集まっているのは、大阪、京都、東京など典型的な観光地だ。
 Airbnbの事業によって日本に来た事のない新しい旅行者を獲得し、再訪を促したなどの経済効果は、Airbnbによると9200億円(早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授率いる研究チームの計算式から算出)。15年算出の5207億円と比べて1.8倍に成長した。
 
ミンパクは移民の温床となる。
日本人の雇用、文化、安全が奪われる移民は危険だ。
もちろん規制は必要ですが、違法とするのは時代遅れの考え方です。
所得格差がどんどん広がっていき低所得者が増えていく中でバックパッカーを積極的に受け入れて訪日人数を単純に増やして幅広い文化を取り入れて日本人がもっと英語を話していく環境につながればいいと思います。
廣砂健人