豪社買収時に疑問の声!日本郵政!甘い海外戦略 

日本郵政!甘い海外戦略 豪社買収時に疑問の声
 
日本郵政は2007年の郵政民営化後初の最終(当期)赤字の見込みとなった。オーストラリアの物流子会社は、損失処理する15年の買収時から巨額の買収額やその効果を疑問視する声は多くて経営陣の判断の甘さに加えて経営を監視すべき社外取締役らによる企業統治いわゆるガバナンス体制の不備を指摘する声も出ている。
 
 
日ごろ、労働者の味方だと騒ぐ団体や政党は
こんな時は沈黙を守る。
お役所系の組織ほど、幹部の身を守り、しわ寄せは末端に行く。
この割を食うのが下の社員達。経営幹部は痛みを伴わない。これが日本郵便の現状。民営化?笑わせないでほしい。廣砂健二