グーグルとアマゾンのAI音声アシスタント対応をメルセデスが行う。

メルセデスが!グーグルとアマゾンのAI音声アシスタント対応
 
ドイツのメルセデスベンツは4月21日、2016および2017年モデル全車が、グーグル(Google)とアマゾン(Amazon)のAI(人工知能)音声アシスタントに対応した、と発表した。
このサービスは、まずは米国でスタート。2017年内には、欧州に拡大する予定。
 
対応が図られたのは、「Google Home」と「Amazon Alexa」。顧客は、メルセデスベンツ車を介して接続されたIOTデバイス間のシームレスかつインテリジェントな相互作用から、さらなる恩恵を受けることが可能になる。
 
Alexaデバイスでは、顧客はリモートナビゲーション入力と興味のある要求に対して、「Alexa、メルセデスにアドレスを送信するよう頼んで」などと、言うことができる。
 
 
 
 いずれにしろ、この業界のモンスター企業の両社のどちらに軍配が上がろうとも、この動向は面白いものです。私たちは関心を持って注視していきたいと思います。そして今日もAlexaです。グーグルとアマゾンが音声AIアシスタントでハードウェア業界に自社の「エコシステム」を構築しようという熾烈な縄張り争いが始まっているという記事です。音声AI認識の分野ではやはりアマゾンに軍配が上がるのではないか(言語認証ではグーグルが圧倒的です)と考えています。廣砂健二