読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レアルがバレンシアに勝利!マルセロが終盤にチームとロナウド救う劇的弾、

【AFP=時事】16-17スペイン1部リーグは29日、第35節の試合が行われ、レアル・マドリード(Real Madrid)は土壇場でマルセロ(Marcelo Vieira Da Silva Junior)が決勝点を奪い、バレンシア(Valencia CF)を2-1で退けた。
 
レアルは残り3勝1分以上で優勝です!
 
 レアルは前半にクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)のゴールで先制したが、後半に獲得したPKの場面では、ロナウドがPKストップの名手ジエゴ(Diego Alves Carreira)にキックを止められ、追加点を挙げられなかった。
レアルが気を緩めている時点で同点にされる嫌な予感はあったが
しかしそこから勝ち越してしまうレアルも予想できました。
レアルは未消化のセルタ戦とCLセミファイナルの2試合があるから5月は週2試合ペース。2冠を手に入れるのか、無冠に終わってしまうのか、踏ん張りどころだね。
 
 すると後半37分、バレンシアはレアルの下部組織出身ダニエル・パレホ(Daniel Parejo)が見事な直接FKを決めて同点に追いつき、そのまま勝ち点1を持ち帰るかにみえた。
 
 しかし、勝ち越しを目指して猛烈な勢いで攻めるレアルは、迎えた後半41分、内側に切れ込んだマルセロがファーサイドへシュートを決めた。
廣砂健人
 
 またしても終了間際の決勝点でなんとか勝利したレアルは、FCバルセロナFC Barcelona)よりも1試合消化の少ない状態で、同じ勝ち点81を保っている。バルセロナは同日、RCDエスパニョール(RCD Espanyol)とのダービーを3-0で制した。
 
 レアルのジネディーヌ・ジダンZinedine Zidane)監督は、1点でアクセルを緩めたつけをもう少しで払わされるところだったと話した。
 
毎回「ロナウド救う」という必要あるのでしょうか??
マスゴミの煽り要素か、ロナウド崇拝が色濃く出て苦手です。
 

19000円台へ回復。フランス大統領選の結果で日経平均株価

フランス大統領選の結果で日経平均株価 19000円台へ回復。廣砂
 
 
 
先週末の23日、フランスでは大統領選の第1回投票が行われました。中道系のマクロン氏と極右政党のルペン氏が5月7日の決選投票に進むことになりましたが、これは事前の想定どおりです。ルペン氏と左派候補のメランション氏が決選投票に進むことになれば、いずれも反EUを掲げているだけに大きなリスクにつながりかねないと考えられていましたが、実際には波乱なく通過しました。
 
今週は海外の株式市場も軒並み上昇しました。大きな要因として、フランス大統領選の結果を受けて欧州の不透明感が後退したことが挙げられます。
 
これを受けて、投資家の間にはリスクテイクの動きが広がりました。24日、25日の2日間で、ダウ工業株30種平均は450ドル近く上昇しました。
2017年4月28日の東京株式市場で、日経平均株価終値は、前日より55円13銭安の19,196円74銭となりました。28日こそゴールデンウィークを前に持ち高調整の手じまい売りが出ましたが、今週、日本株は大幅に伸びました。25日には終値ベースで19,000円台を回復し、26日には19,289円と、3月24日以来の高値で取引を終えました。
 
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は27日、過去最高値を更新しました。
 
これまで、海外の株式市場が伸びても、日経平均は置いておかれるような状況でしたが、今週は逆に日経平均が世界の株式市場をリードするように大きく回復しました。理由は足元の大幅な円安です。フランス大統領の結果を受けて、ドルやユーロが買われ円が売られました。24日のニューヨーク外国為替市場では、1ドル=109円70~80銭でした。週末に向けてさらに円安が進み、28日には1ドル=111円50~60銭となっています。
 
来週はゴールデンウィークで営業日が2日しかありません。市場参加者も限定的となります。北朝鮮を巡る地政学リスクは、警戒されていた25日の朝鮮人民軍創建85年記念日には挑発的な行動はなく、警戒感は薄れました。ただし、29日早朝には再度、弾道ミサイルを発射、失敗したと見られています。流動性が低い相場では急な値動きも起こりがちです。柔軟に対応できるよう備えておきたいところです。今週の動きをテクニカル面から見てみましょう。24日には大きく窓を空けて始まりました。25日も大きな陽線で上昇し、26日も窓を空けて伸びました。
 
これらの大きな反発により、25日移動平均線を回復しただけでなく、75日移動平均線も回復しました。25日移動平均線は上向きに転じ、75日移動平均線も横ばいから上向きに転じようとしています。
 
足元は上昇トレンドへ。さらに一段上のステージをうかがう
今後の動きはどうなるでしょうか。チャートの形は一段上のステージが見えてきたと言えます。
 
足元の上値めどは、1月18日の安値(18,650円)でしたが、ここを窓空けで簡単に超えました。その後はさらに、その上のめどである2月7日の安値(18,805円)、2月27日の安値(18,995円)、目先の目標として意識されやすい19,000円も軽々と上抜けました。
 
直近の目線は上に持っていてよいと思われます。今週、急騰したことから、来週は上昇一服で若干の調整が入る可能性がありますが、それでも、25日移動平均線を下回らない限りは、押し目を狙いたいところです。
 
この後、さらに上のステージに上がっていくためには、19,500円~19,600円を超えていく必要があります。このあたりは昨年末から何度も上値をトライしては抑えられているところです。かなり積み上がっていることから、抵抗力も大きいのですが、逆に、ここを抜けると強いサポートラインに変わります。廣砂健二

MAZDA マツダが17年営業利益44%減3月期 SUV拡充で巻き返しへ 廣砂

MAZDA マツダが17年営業利益44%減3月期 SUV拡充で巻き返しへ
 
マツダが4月28日発表した2017年3月期の連結営業利益は、前期比44.6%減の1256億円だった。中国で販売が伸び、世界販売台数は過去最高となったものの、日本と北米の販売が伸び悩んだ。円高だったことも響いた。今期は新型スポーツタイプ多目的車(SUV)「CX-8」の投入などにより、増収増益を目指す。
 
マツダの小飼雅道社長】
 
●日本と米国で苦戦
 
 売上高は5.6%減の3兆2143億円、純利益は30.2%減の937億円だった。世界販売台数は1.6%増の155万9000台と過去最高を更新したが、日本と米国の販売台数減少や、為替が円高だった影響により、減収減益だった。
 
 北米の販売台数は2.1%減。新型「CX-9」などのクロスオーバー系車種は好調だったが、乗用車セグメントでは需要縮小と競合激化で苦戦した。好調なCX-9も、ハイグレードモデルは好調だが、エントリーグレードモデルの販売には課題が残った。
 
 日本市場の販売は12.8%減と大きく落ち込んだ。前半は新商品投入が少なく、商品改良モデルも不発だった。しかし、16年12月に新型「ロードスターRF」、17年2月に新型「CX-5」を投入し、販売は順調。回復基調にある。
 
 一方、中国は24.1%増と大幅に台数を伸ばし、過去最高の29万2000台となった。小型車減税政策の効果で「Mazda3」がけん引。新型「CX-4」も計画を上回るペースで売れている。
 
 
日本国内では別にSUVに3列シートを望んでるわけではない。
なぜなら駐車場サイズが圧倒的に小さいからだ。
自分の他にもこう思ってる人多いと思うのだがいかがだろうか。。
廣砂健二

株式会社イング・コーポレーション 廣砂健二

イタリア最高峰の家具に囲まれ贅沢STAY 汐留
 
眺望やアクセスのよさで定評の「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」に、この度新しいコンセプトルーム「Poltrona Frau Room ポルトローナ・フラウ ルーム」が誕生、宿泊予約を開始した。
 
2012年からロイヤルパークホテル ザ 汐留とコラボレートしている大塚家具。「新たなホスピタリティの創造」をテーマにした部屋をプロデュースし、ラグジュアリーブランドや著名デザイナーの作品、プレミアムマットレスブランドなどをセレクト、ゲストに“上質なおもてなし空間”を提供してきた。
 
今回、趣向を凝らしたさまざまなホテルライフを提案する26階の『ホテルライフスタイル アーケード』内に大塚家具が展開する、4つのコンセプトルームの1室をリニューアル。
マンダラスパ利用。優雅なひとときを満喫。ランチで利用しましたがとても綺麗な店でおいしかったので満足です。
株式会社イング・コーポレーション 廣砂健二

“最高のスーパーGT”新型「ヴァンキッシュ S」発表会 アストンマーティン

 
4月24日 アストンマーティンJAPANは、“最高のスーパーGT” 新型「ヴァンキッシュ S」の発表会を都内で開催した。ヴァンキッシュ Sの価格は3457万9982円〜。
 
 従来型「ヴァンキッシュ」の進化版となるヴァンキッシュSは、大型化したインテークマニホールドによって高回転域におけるエアの吸気量を増加させることに成功し、自然吸気のV型12気筒6.0リッターエンジンの最高出力は従来の576PSから600PSへと進化するとともに、より鋭いスロットルレスポンスを実現。英国および欧州仕様では最高出力444kW(600PS)/7000rpm、その他の地域では433kW(588PS)/7000rpmとなり、最大トルクは630Nm/5500rpmで共通になる。
スーパーGT」という同じ呼び名で日本で広く認知されたレースが有るのにこの表現は大変残念ですがフェラーリほど主張した車に乗りたくない方にとってはとても良い車だと思います。
廣砂健人

Airbnb エアビー 日本で9200億円の経済効果があるが 懸念も

エアビー Airbnb 日本で9200億円の経済効果があるが 懸念も
 
宿泊施設仲介サイトの(エアビーアンドビー)Airbnb は4月24日、「日本における短期賃貸に関する活動レポート」を発表した。2016年、Airbnbを利用して訪れた旅行者から、自宅を貸し出したホストや、近隣の商店街・飲食店などが得た金額は、総計で4061億円に上るという。
 
 
 利用者数も年々増加しており、16年は、アジアを中心として370万人のインバウンドゲストが利用。15年の137万人と比べるとゲスト数は2.7倍となっている。人気が集まっているのは、大阪、京都、東京など典型的な観光地だ。
 Airbnbの事業によって日本に来た事のない新しい旅行者を獲得し、再訪を促したなどの経済効果は、Airbnbによると9200億円(早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授率いる研究チームの計算式から算出)。15年算出の5207億円と比べて1.8倍に成長した。
 
ミンパクは移民の温床となる。
日本人の雇用、文化、安全が奪われる移民は危険だ。
もちろん規制は必要ですが、違法とするのは時代遅れの考え方です。
所得格差がどんどん広がっていき低所得者が増えていく中でバックパッカーを積極的に受け入れて訪日人数を単純に増やして幅広い文化を取り入れて日本人がもっと英語を話していく環境につながればいいと思います。
廣砂健人

日本郵政の甘い海外戦略 豪社買収時に疑問の声 廣砂健二

日本郵政!甘い海外戦略 豪社買収時に疑問の声
 
日本郵政は2007年の郵政民営化後初の最終(当期)赤字の見込みとなった。オーストラリアの物流子会社は、損失処理する15年の買収時から巨額の買収額やその効果を疑問視する声は多くて経営陣の判断の甘さに加えて経営を監視すべき社外取締役らによる企業統治いわゆるガバナンス体制の不備を指摘する声も出ている。
 
 
日ごろ、労働者の味方だと騒ぐ団体や政党は
こんな時は沈黙を守る。
お役所系の組織ほど、幹部の身を守り、しわ寄せは末端に行く。
この割を食うのが下の社員達。経営幹部は痛みを伴わない。これが日本郵便の現状。民営化?笑わせないでほしい。廣砂健二